【初心者入門】Affinity Designer 2でアセットを作成する

Affinity Designer 2アセットの作り方Affinity Designer / Photo V2

Affinity Designer 2の入門記事です。

こんにちは!

この記事では、Affinity Designer 2を使ってアセットを作成する方法を解説します。

Affinity – 本格的なクリエイティブソフトウェア
とてもスムーズな写真編集やデザイン制作から次世代のページレイアウトまで、Affinityのアプリはクリエイティブテクノロジーの可能性の限界を押し広げています。

アセットとは

グラフィックを作成する際、同じパーツを何度も繰り返し利用する場合があります。

Affinity Designer 2では、繰り返し利用するパーツをアセットとして登録しておけば、2回目からはドラッグ・アンド・ドロップ操作でかんたんにパーツを配置することができるようになります。

アセットの作成方法

アセットを作成するには、繰り返し利用したいパーツを作成し、アセットとして登録します。

Step 1. 繰り返し利用したいパーツを作成する

まずは、シェイプ機能などを使って、繰り返し利用したいパーツを作成します。

ここでは例えば、オリジナルの矢印マークを作成してみることにします。

三角形ツールで三角形を2つ配置し、矢印の形を作ります。

シェイプビルダーツールを使って2つの三角形を結合します。

2つの三角形を選択状態にして、シェイプビルダーツールをクリックし、結合したいアイテムをドラッグして結合します。

境界線ウインドウやクイックFXウインドウを使って見た目を整えます。

Step 2. アセットとして登録する

「ウインドウ>アセット」をクリックし、アセットウインドウを表示して、出来上がったパーツをアセットウインドウにドラッグ・アンド・ドロップします。

Step 3. アセットを利用する

アセットを利用するときは、アセットを登録したときとは逆に、アセットウインドウから利用したいアセットをドラッグ・アンド・ドロップします。

まとめ

Affinity Designer 2では、繰り返し利用するパーツをアセットとして登録しておくことで、同じパーツを繰り返し再利用することができるようになります。

アセットを活用することで、グラフィック作成のスピードと品質を向上することができます。

デフォルトのアセットもありますので、ぜひ活用してみてください。

Affinity – 本格的なクリエイティブソフトウェア
とてもスムーズな写真編集やデザイン制作から次世代のページレイアウトまで、Affinityのアプリはクリエイティブテクノロジーの可能性の限界を押し広げています。
タイトルとURLをコピーしました