【初心者入門】DaVinci Resolveの使い方⑤ボリュームを簡単に変更する方法

DaVinci Resolveの使い方 | レッスン⑤DaVinci Resolve

DaVinci Resolveってどうなんだろう…

こんにちは!

本記事では、初心者の方向けに、動画編集ソフト「DaVinci Resolve」の使い方を解説します。

前回はテロップを入れる・デコる方法をご紹介しました。

今回は、ボリュームを変更する方法をご紹介します。全体的な音量変更はもちろん、フェードインやフェードアウトを最速で設定できるようになります。

それではいってみましょう!

ボリュームを変更する

まず、サウンドトラックのボリュームを全体的に変更してみます。

「エディット」ページを開き、目的のサウンドトラックを選択します。

すると、マウスで上下できる薄い白い線がありますので、そこを上下にドラッグします。

これでオーディオトラックのボリュームを全体的に変更できました。

実に簡単ですね。

トラックの冒頭にフェードインを設定する

次に、トラックの冒頭にフェードインを設定してみます。

トラックの先頭に表示されている白いホームベース形のマークをドラッグします。

これでフェードインが設定できました。

こちらも非常に簡単ですね。

トラックの途中でボリュームを変更する

最後に、トラックの途中でボリュームを変更してみます。

やり方は簡単で、始点と終点を指定して、マウスでドラッグしてボリュームを調整するだけです。

まずはボリュームを変化させる始点を指定します。

先ほどトラック全体のボリュームを変更したときに使った薄い白色の線上で、「Option + クリック」(mac) または「Alt + クリック」(Windows) を押します。

すると、その場所に編集点(キーフレーム)が打たれます。

続いて、終点を指定します。

やり方は始点と同様、「Option + クリック」(mac) または「Alt + クリック」(Windows) です。

始点と終点の指定が終わったら、いずれかの点をドラッグしてボリュームを調整します。

これでトラックの途中でボリュームを変更することができました。

始点から終点の間は、何も指定しなくても、自動的に滑らかにボリュームが変わっていきます。

始点と終点を指定する方法を覚えれば、ごく簡単にボリュームを変更できますね。

まとめ

ボリュームの変更のやり方がわかりました!

いかがでしたか?

ボリュームを変更する方法がおわかりいただけたでしょうか。

これまでにご紹介したテクニックを活用すれば、品質の高いショートムービーを作ることができるようになります。

意外と簡単ですよね。

みなさんもぜひ、DaVinci Resolveを活用して、魅力的な動画を作成してみてください。

最後に、これまでにご紹介したテクニックを使って作成した15秒程度のショートムービーを以下に埋め込んでおきます。

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました