【名曲名盤紹介】グレース・マーヤ「ラスト・ライヴ・アット・ダグ」を聴いたら最高だった

ラスト・ライブ・アット・ダグジャズ

ジャズのいいアルバムを探しています…

こんにちは!

グレース・マーヤ(ジャズ・ボーカリスト兼ピアニスト)の「ラスト・ライヴ・アット・ダグ」のCDを購入しました。

CDを購入するのは久しぶりです。

この盤は、Amazon MusicやApple Musicでは聴けないんですよね。

録音が良いということで以前から気になっていたCDです。

早速聴いてみましたので、感じたことを書いてみます。

ラスト・ライブ・アット・ダグ
ラスト・ライブ・アット・ダグ

音質について

早速聴いてみたところ、たしかに音が良い!

Jazz Cafe Bar DUGというジャズバーで録音されたもののようです。

移転前のお店で録音されたようですね。

Jazz Cafe Bar DUG ジャズカフェ&バーダグ (東京 新宿 )

一聴してライブ感を感じます。

個々の楽器が明瞭でありながら、ホールトーンが豊かです。

マーヤさんの声がとても艷やかであることはもちろん、エレキギターのシャープさや歪み感、バスドラやベースの鋭いアタック音と沈み込む低音、キーボードのたゆたう音、そして世界的トランペッターである日野皓正さんのトランペットの輝かしい音など、とにかく心地よい音です。

もうずっとこの世界に浸っていたいと思いますね。

音楽も最高!

音だけでなく音楽も最高です!

ジャズをあまり聴き慣れていない人でも本当に楽しめる音楽です。

特に、6曲目「Comin’ Home Baby」はリズム感がよく、前のめりにノリノリで聴けます。

また、しっとりとした4曲目「Kiss of Life」、元気な9曲目「Sunny」など、一夜限りのライブ演奏のなかで様々な感情が表現されています。

ああ、その場にいたかったな、生で聴きたかったな、と思えるアルバムになっています。

難しい要素はなく、どんな方にもお薦めできる一枚ですので、ジャズに興味がない方もぜひ聴いてみてください。

何千万曲もの曲が手軽に聴けるサブスク時代だからこそ、サブスクでは聴けないこういった貴重なライブ盤を買ってCDトレイに乗せ、わくわくしながら聴くことにも大きな価値があると思いました。

それでは今日はこのへんで!

ジャズ入門としても最適です。

オーディオ環境:
M-CR612、B&W 606、AKG K702

ラスト・ライブ・アット・ダグ
ラスト・ライブ・アット・ダグ
タイトルとURLをコピーしました