西加南子「より速く、より遠くへ!ロードバイク完全レッスン 現役トップアスリートが教える市民サイクリストのトレーニング法」(Kindle版)を読んでみました

白石峠

もうちょっと速くロードバイクを走らせたいな〜と思い、西加南子「より速く、より遠くへ!ロードバイク完全レッスン 現役トップアスリートが教える市民サイクリストのトレーニング法」(Kindle版)を読んでみました。

※写真はなんの関係もありません^^; ただの魔界への入り口です。

速く走ることに興味が湧いてきた

スポーツバイクを始めて1年間で7km/hほど速度アップ

もともとカロリー消費とフィットネス目的でロードバイクに乗っています。

スピードへのこだわりはそれほどありません。

しかし、最近になって、週末のライドを終えてRuntasticの記録を見てみると、区間によって30km/h以上で走れている区間が現れだしたのですね。

自分で思っているよりスピードが上がってきていることがわかり、嬉しいなあと思いました。

1年前に初めてクロスバイクを買ったときは、平均速度18km/h、最速区間23km/hとかでした。

今は、平均速度25km/h、最速区間30km/h以上です。

1年で7〜8km/hくらい速くなった計算になります。

我ながら速くなったな〜と思います。

今のトレーニング法の限界

ただ、今の乗り方ではもうこれ以上スピードが伸びないだろうなと思っています。

今の乗り方は、週に1回、45kmほどの距離をそれほど負荷をかけずに乗っています。

それでも2時間くらい漕ぎっぱなしなので、それなりに疲れますし、カロリーも消費します。

消費したカロリーは、大好きなご飯とお酒とお菓子でしっかりと回復させています\(^o^)/

今まではそれで十分でした。

しかし。

昨日、速い人にぶち抜かれたときに、めちゃくちゃ悔しかったんですね。

自分より5kmくらい速かったので、35km/h以上で走れる人だと思います。

なんかこれまでは抜かされても何も思わなかったのに、その人に抜かされたときに初めて「くそ〜」って思いました。

それで、本を買って読んでみることにしました。

本の選び方

いろいろな本があるようですが、あまりに本格的・ガチなトレーニング本は自分には向かないと思いました。

性格上、ハードで退屈なトレーニングは続けられません。

すぐに飽きてしまって、やらなくなってしまっては、どんなに優れたトレーニング法も意味がありません。

そんななか、西加南子さんの本はタイトルに「市民サイクリストの」と書かれており、楽しみながら速くなりたい自分にピッタリという感じ。

タイトルに惹かれ、Amazonでポチッと買って、一気に読んでしまいました。

そして今日、本の教えを胸に実際に走ってきたのですが、驚いたことに(本を読んだだけで)

最高速度が1〜2km/hほど上がりました\(^o^)/

本の内容的には、継続的なトレーニングを続けることが必要と書かれてありますので、今日最高速度が上がったことはそれほど重要ではありません。

でも、なんか嬉しいですね。

読んでみての感想と、トレーニング法にまつわる話、ローラー台購入についての妻との闘争の始まりについては、また後日書きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました